1.メイクを落とす

通常の洗顔と同じようにメイクをしっかり落としてから洗顔ブラシを使ってください。
洗顔ブラシによってはメイク落とし機能が付いているものも存在しますが、基本的にはメイクを落としてからの洗顔となります。
ちなみにメイク落とし機能が付いている洗顔ブラシは例えばPanasonicの洗顔ブラシです。

2.ブラシと肌を濡らす

img_use_01

顔とブラシはしっかり濡らして使用しましょう。
濡らさない状態で使用すると肌にダメージを与えてしまいます。

3.泡立てる

img_use_02

ブラシに洗顔料を入れて自動的に泡立てる洗顔ブラシもありますが、基本的には手動で泡立ててから使用します。
泡立てかたにも2種類あり、ブラシを使って手のひらの上で泡立てるもの、ブラシは使わずに洗顔ネットなどで泡立てるものが存在します。
おすすめなのはブラシを使って泡立てられるタイプ。
このタイプの洗顔ブラシは洗顔ネットで泡立てるよりもきめ細かい泡を作りやすいものが多いですよ(^^)

4.泡を顔にのせる

洗顔ブラシや洗顔ネットを使って泡立てたあとは、いきなり洗い始めずに顔のパーツごとに泡をのせてから洗顔するとやりやすいです。
おでこ、両頬にのせておくのが一番スムーズに洗えますね。

5.洗顔ブラシを使って洗う

img_use_04

ここまで済んだら実際に洗顔ブラシを使って洗顔していきましょう。
おでこと両頬に載せた泡を各パーツ(おでこ、小鼻や頬、アゴ周り)に分けて泡を伸ばすように洗っていきましょう。
コツは肌にブラシを押さえつけたり、ゴシゴシ動かしたりしないこと。
各パーツにつき20秒くらい、顔全体で60秒くらいで終わらせるようにするといいですよ。
肌を痛めないためにこのコツは守ってくださいね(^^)
また、目の周りや唇など粘膜に近い部分は皮膚がとってもデリケートなので、避けて洗顔するように心がけてくださいね。

6.泡を流す

img_use_05

顔全体を洗い終わったら、通常の洗顔と同じように泡を流します。
生え際などに泡が残りやすいので、しっかり落としましょう。

7.洗顔ブラシを洗う

顔だけでなく洗顔ブラシも洗ってあげましょう。
通常は水などで全体をすすぐだけでOKです。ブラシ部分に泡が残りやすいので注意しましょう。
市販されている大抵の洗顔ブラシは丸洗いできるものが多いですが、丸洗いできないものだとお手入れが大変です…
洗顔ブラシを選ぶときは丸洗いできるタイプの洗顔ブラシを選ぶのがおすすめです。

8.使用後

img_use_06

使用後はタオルなどで本体とブラシ部分の水分を拭き取り、湿気が少なく風通しが良い場所に保管しましょう。
浴室に置きっぱなしにしちゃう人が多いですが、浴室は高温多湿です。
ブラシ部分に菌が発生してしまったり、故障の原因にもなりかねないので、洗面台周りに吊り下げるなど、湿気を避けて保管しましょう。

9.お肌のお手入れ

img_use_07

洗顔はここまでで完了です。
洗顔ブラシは手洗顔に比べて汚れを劇的に落としてくれます。
そのため、使用後は肌が大変乾燥しやすい状態になります。
ですから、使用後は化粧水や美容液などしっかりお肌をケアしてあげましょう。
洗顔ブラシ使用後は化粧水の浸透もよくなり、いつもより潤っている感じを実感できると思いますよ(^^)

最後に

使い方は大体こんな感じです。
洗顔ブラシによって多少使い方が変わってくるケースもありますので、詳しくは購入する洗顔ブラシの詳細を確認してくださいね。
いい洗顔ブラシに出会えることを願っています(^^)