今回はクレンジング洗顔ブラシを使うことで肌を白く(美白)できるかについてお話ししていきます。

まず結論だけ言うと、
クレンジング洗顔ブラシで直接的には美白することはできません!

ですが、クレンジング洗顔ブラシの「4つの方法」によって美白のお手伝いをすることは可能です。
美白をしたい!という場合は、クレンジング洗顔ブラシもひとつの手段として検討してみてくださいね。

〈方法1〉 積み重なったメイク汚れを落として美白

毎日の洗顔で、メイク汚れや皮脂汚れをきちんと落とせている実感はありますか?
もし落とせずに残ったままだと、肌が暗くくすんだように見えてしまいます。

クレンジング洗顔ブラシは手洗顔に比べ、とても洗浄力が高いので、普段落とせず積み重なってしまった汚れを落とし、肌に透明感を与えてくれます。

その結果、肌が美白されて見えるというワケですね(^^)

〈方法2〉 表面の古い角質を落として美白

また、肌はターンオーバーと言って、表面の古い皮膚が剥がれ落ち、新しい肌へと生まれ変わる周期があります。

何かの拍子でそのターンオーバーが乱れている人は、表面の古い角質をクレンジング洗顔ブラシで強制的に落としてくれるので、一時的に肌に透明感が出て美白したように見えることもありますよ。

落としすぎはダメ!3日に1回の頻度を守る

ただし、この美白方法には少し問題があります。

肌のターンオーバーを強制的に行い過ぎてしまうと、ターンオーバーの周期が更に乱れてしまい、肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

肌が白く見えるのでクセになってしまいがちですが、クレンジング洗顔ブラシは2〜3日に1回くらいの頻度に抑えておきましょう。

ちなみに、ターンオーバーが乱れている人は、乾燥肌の人が多いです。
もしターンオーバー周期が乱れていると思う方は、以下サイトを参照して、根本的な解決も検討しましょう。

関連サイト

ターンオーバーが乱れている人はコレを見直して!(別サイトが開きます)

〈方法3〉 血行を良くして美白

肌の血行が良くない状態だと、肌が暗くくすんで見えてしまいます。

クレンジング洗顔ブラシは細かい振動や回転などで、顔をマッサージしてくれる効果も期待できるので、顔まわりの血行促進を促し、顔のくすみを無くして美白に見えるようになりますよ(^^)

〈方法4〉 スキンケア効果を高めて美白

美容液には悩み別に「うるおいを与える・キメを整える」など色々な種類があります。
その中でも、肌を美白したいとお考えの人は、美白成分の入った美容液を使う人も多いでしょう。

使っていない、もしくは分からない人はこちらを参照してくださいね。

美白成分とは

シミの原因となる「メラニン」の生成を阻止したり、メラニンを薄くするものを美白成分と呼んでいます。
美白成分には「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」などがありますが、それらが入った美容液などが美白成分入りの美容液と呼ばれています。

ですが、いくら美白成分の入った高い美容液を使っていても、メイクや皮脂汚れなどがきちんと落とせていない状態だと、効果が鈍ってしまうことがあります。

そんな時はクレンジング洗顔ブラシの出番!

クレンジング洗顔ブラシの高い洗浄力で、肌の汚れを落としてあげることで、その後のスキンケアでの「美白成分の浸透」が良くなります。

つまり、クレンジング洗顔ブラシを使うことで「間接的に美白をサポート」してくれるというワケですね(^^)

美白におすすめのクレンジング洗顔ブラシ

肌を美白に近づけてくれるのは洗浄力が高いクレンジング洗顔ブラシです。
こちらの記事で、私がおすすめするクレンジング洗顔ブラシをいくつかピックアップしたので、参考にしてみてくださいね!
【完璧メイクもしっかりOFF!】おすすめクレンジング洗顔ブラシ10選