クラリソニックのブラシの種類

img_clarisonic_brush_00

クラリソニックのブラシはクレンジング洗顔ブラシの中でも多く、どれを選んでいいのか?と迷うこともあるでしょう。
今回はそんなクラリソニックのブラシを種類別に紹介していきますね(^^)

ラディアンスブラシ

通常のブラシ

img_clarisonic_brush_01

ラディアンスブラシはクラリソニックミア2に標準搭載されている通常のブラシです。
特に他のブラシにあるような悩みがない人は、このブラシを選んでおけば間違い無いでしょう。

超敏感肌用ブラシ

敏感肌の人向け

img_clarisonic_brush_02

敏感肌の用のブラシです。
ブラシがとても柔らかい素材できているので、一時的に肌の調子が悪い時などにもおすすめですよ。
きちんとした使い方をすれば、手洗顔よりも柔らかい洗い心地で洗顔することができます。

毛穴ケア用ブラシ

毛穴のつまり汚れを落としたい人向け

img_clarisonic_brush_03

毛穴に皮脂がポツポツ目立つ人、毛穴が広がっていて中の汚れをしっかり落としたい!という人はこのブラシを選びましょう。
また、通常の肌の人でも、Tゾーンだけなど、部分的にしっかり汚れを落としたい時にも有効ですよ(^^)

アルファフィットブラシ

アルファフィットブラシ(男性用のクレンジング洗顔ブラシ)専用

img_clarisonic_brush_04

クラリソニックミア2、アリアなどの他のクレンジング洗顔ブラシには使えないブラシです。

スマートプロファイルフェイシャルブラシ

スマートプロファイル専用

img_clarisonic_brush_05

クラリソニックミア2、アリアなどの他のクレンジング洗顔ブラシには使えないブラシです。

クラリソニックのブラシの種類は、この5つです。
でも、クラリソニック ミア2やアリアを選んだ人は、3種類と以外に少ないブラシ数でした。
それぞれタイプが違うので、自分の肌質に合わせて選びましょうね(^^)

ちなみに、初回購入時の付属のブラシは、クラリソニック ミア2は「ラディアンスブラシ」、クラリソニック アリアは「超敏感肌用ブラシ」です。
それ以外のブラシを使いたい場合は、別途購入が必要ですよ。

ちょっと贅沢なリュクスブラシ

img_clarisonic_brush_07

また、上で紹介したブラシ以外にも、ちょっと贅沢なブラシ、「リュクスブラシ」というものがあります。

リュクスブラシってなに?

リュクスブラシの「リュクス(Luxe)」はフランス語で贅沢という意味です。
文字通り、通常の5種類のブラシに比べて、少し上質なブラシということですね。

何が違うの?

素材に上質なものが使ってあるので、お値段は1,000円くらい高くなってしまいますが、肌にうるおいを保ったまま。通常のブラシと同じ洗浄力で洗いあげるブラシです。

どんな人におすすめ?

少し年齢が気になってきた人、肌の乾燥が気になる人におすすめです。

肌は年齢とともにハリがなくなっていくので、通常のクレンジング洗顔ブラシだと肌のうるおいまで奪ってしまうと、余計にハリがなくなってくるんですよね^^;
そんな時にこの「リュクスブラシ」を選択しましょう。

リュクスブラシの種類

img_clarisonic_brush_06

さらにリュクスブラシには、「カシミア フェイシャル ブラシ」「 サテン コントゥール ブラシ」「ベルベット ボディ ブラシ」の3種類のブラシがあります。

通常は「カシミア フェイシャル ブラシ」を選んでもらって、目元口元のメイク汚れが落ちにくいと感じる人は「 サテン コントゥール ブラシ」、顔以外の首、デコルテなどに使いたい場合は「ベルベット ボディ ブラシ」を選びましょう。

まとめ

ちょっと長くなってしまったので、最後にまとめますね(^^)

通常の肌の人
→ラディアンスブラシ

敏感肌の人
→超敏感肌用ブラシ

毛穴汚れが気になる人
→毛穴ケア用ブラシ

年齢が気になってきた人
→リュクスブラシ「カシミア フェイシャル ブラシ」

年齢&目元口元メイクが気になる人
→リュクスブラシ「 サテン コントゥール ブラシ」

首やデコルテの年齢が気になる人
→ベルベット ボディ ブラシ

こんな感じです。
この6種類から自分にあった最適なブラシを選んでくださいね(^^)