img_small_main

小鼻周りの汚れ、きちんと落とせていますか?
小鼻周りって、黒ずみやイチゴ鼻、ニキビなど結構色々な悩みがある場所なんですよね^^;

これらの悩みの原因はいろいろありますが、毛穴の奥に古い角質、老廃物、ほこりなどが溜まってしまっているのが原因です。
さらにファンデーションや日焼け止めなどによって、毛穴を塞いでしまっているのも大きな原因です。

解消するにはこれらの汚れをきちんと落としてあげるのが大事です。

毛穴パックは危険!?

毛穴パックは経験したことがありますか?
毛穴パックを使用すると剥がしたときに角栓がゴッソリ取れているのを見て、綺麗になっている!と病みつきになる人もいるみたいです。
でも、毛穴パックは毛穴周囲の角質層も一緒に剥がしてしまったり、新しい角質も剥がしてしまうためダメージが大きく、後の肌トラブルの原因にもなってしまいます。

汚れを落とすには洗顔ブラシがおすすめ

img_small_sengan

これらの汚れを落とすには、洗顔ブラシを使ってゆっくりしっかり落としていくのがおすすめです。
もちろん洗顔ブラシも手洗顔に比べると汚れを落とす力が強いので、週に2回くらいの頻度を守って使用するのがいいでしょう。

でも、洗顔ブラシって顔全体を洗うには適した大きさなんですが、小鼻周りが少し洗いにくいんですよね…

そんな時におすすめなのが、これからご紹介する2つの洗顔ブラシです!
少し小さく小鼻周りが洗いやすいですよ。
しかも、顔全体を洗うのにも苦が無いよう配慮もされています(^^)

では早速紹介していきますね!

pobling(ポブリング)洗顔ブラシ

img_pobling_01

1つめの小鼻周りも洗いやすい小さめの洗顔ブラシはpobling(ポブリング)洗顔ブラシです。

小鼻に届きやすいカタチ

img_small_pobling

この洗顔ブラシのブラシ部分に注目してみてください。
通常の洗顔ブラシだとブラシ部分が丸になっているものが多いですが、pobling(ポブリング)は逆三角形に近い楕円形になっています。

このカタチのおかげで、端の細い部分が小鼻周りにも当たりやすく、洗い残しが少ないというワケです(^^)

しかもブラシ部分は小さいというワケでは無いので、顔全体を洗う際にも洗う手間が最小限で済みますよ。

汚れ落ちの実力もすごい!

小さく小鼻周りが洗いやすいだけがpobling(ポブリング)の特徴ではありません。
汚れ落ちの実力もすごいんです!

まずこちらの実験結果を見てみてください。オレンジを使用したクレンジグテストです。

img_make_01

オレンジを肌と見立ててBBクリームを塗り、それをpobling(ポブリング)で落とせるかという実験です。
結果は手洗いと比べて一目瞭然ですね!

pobling(ポブリング)のブラシ部分は約20万本の微細毛から出来ています。
この微細毛と音波による振動で、細かい毛穴に詰まった汚れも落としてくれるというワケですね。

小さいのに実力もあるってすごい洗顔ブラシです!

その他の実験結果なども載っていますよ(^^)
こちらのサイトでご覧下さい。
pobling(ポブリング)詳細はこちらのサイトから

うるつやソニックウォッシュ

img_small_urutsuya

2つ目にご紹介するのはうるつやソニックウォッシュという洗顔ブラシです。
この洗顔ブラシは先に紹介したpobling(ポブリング)とは違って小さいタイプの洗顔ブラシですね。

見た目でわかると思いますが、小さいので小回りがきき、小鼻周りも楽々洗顔することができます。
ブラシ部分が少し細長いので、顔全体は側面を使って洗い、細かい部分は先端を使って洗うとやりやすいです。

小さいので旅行などのお泊りの時もバックに忍ばせておけるので、携帯用としても便利な洗顔ブラシです。

楽天で人気の商品で、口コミもかなり多いので気になった方は参考にしてみてください。
うるつやソニックウォッシュ詳細はこちら

最後に

小鼻周りはきちんと汚れを落としておかないと、黒ずみやイチゴ鼻、ニキビなどの原因となってしまいます。
もしファンデが落としきれていないかも!洗ったけどまだ汚れている気が…と不安になっている方は、今回ご紹介した小さい小鼻周りにもピッタリな洗顔ブラシを検討してみてくださいね(^^)

 
その他の洗顔ブラシはこちらで紹介しています。
↓↓↓↓↓
【洗顔ブラシ】おすすめランキング今年のおすすめはコレ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!