肌質には大きく分けて「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌(オイリー肌)」「混合肌」の4種類に分かれます。


このサイトからご自身の肌質をチェックできますよ(^^)
http://hadabetsu.com/shindan/

あなたの肌質は4つのうち、どれですか?

もし脂性肌や混合肌の人はこの記事を読んで、洗顔ブラシを導入することをおすすめします!

脂性肌の悩み

脂性肌には「顔のテカリ」「ニキビ」「毛穴の黒ずみ」など色々な悩みがありますよね。
混合肌の人もTゾーンなどに同じような悩みを抱えているのではないでしょうか?(^^;

これらの悩みに共通しているのが「皮脂の過剰分泌」ですが、間違った認識を持っている人も多いです。

洗顔が脂性肌を悪化させる!?

脂性肌の人は顔についた皮脂を落とそうと「しっかりと洗顔しなきゃ!」と思っている人が多いのではないでしょうか?
また、鼻の頭の黒ずみを落とそうとして、ゴシゴシ擦ってしまいたくなりますよね。

でも、そのように強い力で洗顔してしまうと、肌への大きな負担となってしまいます。

また、意外かもしれませんが、何度も洗顔したり、ゴシゴシ擦って皮脂を落としすぎてしまうと、余計に皮脂分泌を促してしまい、脂性肌を悪化させる原因にもなってしまいます。

ですから脂性肌の人でも、余分な皮脂や汚れだけを、優しく落としてあげることがとっても大切なんです!

脂性肌には洗顔ブラシを使おう!

でも実際には、ゴシゴシ洗わないと顔がベタベタしたままだし、黒ずみも取れる気配がないですよね(^^;
また優しく洗おうとしても、鼻まわりなどは凹凸もあり洗いにくいため、どうしても力が入ってしまいがちです。

そこで、おすすめなのが「洗顔ブラシ」です!

洗顔ブラシって、「ゴシゴシ擦って汚れを落とすもの」と思っている人もいるかもしれませんが、実際にはとても肌に優しいのが特徴です。(もちろんメーカーにもよりますが^^;)

しかも、肌に優しいだけでなく、脂性肌で気になる皮脂や汚れもちゃんと落としてくれるので、黒ずみやニキビなどの改善にも役立ちますよ!

おすすめはこの洗顔ブラシ!

脂性肌で気になる汚れを「優しく」「しっかりと」落とすのにおすすめなのは、この洗顔ブラシ。

Refa CLEAR(リファクリア)です!

熊野筆の柔らかいブラシ

Refa CLEAR(リファクリア)は洗顔ブラシの中でも、特に肌へのダメージが少ない洗顔ブラシです!

その証拠にメーカーが行なった実験で、薄い和紙のような紙を手洗顔とリファクリアで洗い比べて見るというものがあります。
その結果、手洗顔では紙がすぐに破れてしまったのに対し、リファクリアは破れる気配が全くありませんでした。

それくらい肌への刺激が少ないんですね!

肌に優しい理由は、リファクリアに使われている「熊野筆ブランド」の柔らかいブラシ。

触って見るとすごく柔らかくて「まるで動物の毛」でも触っているような肌触りです。

この柔らかい熊野筆のブラシのおかげで、肌へのダメージを最小限に抑えてくれるんです。

洗浄力もバツグン!

もちろん肌へ優しいだけでなく、洗浄力もバツグンです!

リファクリアは、超音波という1秒間に何百回という細かい振動で、毛穴の奥の汚れを浮かせて落とします。
手洗顔でゴシゴシやっても、毛穴の黒ずみが取れなかった…という人も試して見る価値ありです!

顔のパーツによって強さを選べる

脂性肌だけでなく、混合肌の人にも優しいのがリファクリアの特徴です。

リファクリアには「soft」「clean」「deep」の3つのモードが用意されていて、切り替えることで洗顔の強さを選べます。

例えばおでこや鼻周りなどの油分が多い箇所は、cleanやdeepでしっかり洗い、それ以外の箇所はsoftモードで洗うといった使い分けも可能ですよ(^^)

リファクリアについてはこちらの記事でもお伝えしています!
えっ!ホントに洗えてる!?洗顔ブラシReFa(リファ)使ってみた

洗顔後の保湿をしっかりと行う

最後に、洗顔ブラシで優しく皮脂と汚れを落とした後は、保湿もしっかりとしてあげましょう。

皮脂は肌が乾燥することでも出やすくなるので、洗顔後は保湿効果の高い美容液などで保湿して、皮脂の分泌を抑えましょう。

保湿に使用する美容液は、オイルフリーのものがおすすめです!
また、アルコールの入ったものは、水分を蒸発させてしまうので、避けた方がいいでしょう。

今回ご紹介したおすすめ洗顔ブラシで、優しく洗顔をして、その後の保湿もしっかりと行うことで、脂性肌の悩みを少しでも改善できれば嬉しいです(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!