今回は洗顔料とセットで販売している洗顔ブラシをご紹介したいと思います。

洗顔ブラシは大きく分けて主に2種類のメーカーから販売されています。
1つは美容家電を専門として扱っているメーカー、もう1つはスキンケアなどをメインとして扱っているメーカーです。

この2種類のメーカーでいう後者が、洗顔料と洗顔ブラシをセット販売していることが多いです。

セット販売しているメーカー例

例えば、プロアクティブは皆さん知っている人も多いと思いますが、プロアクティブもニキビケアをメインとしているメーカーですよね。
でもプロアクティブは実は洗顔ブラシも取り扱っています。
通常販売されているものではないので、このサイトには掲載していませんが、ニキビケア洗顔料を更に際立たせるために洗顔ブラシも取り扱っているんですね。

このような感じで、洗顔ブラシと洗顔料をセット販売しているメーカーは結構身近に存在するんです。

洗顔料と洗顔ブラシを一緒に購入するメリット

洗顔料と洗顔ブラシをセットで購入するメリットは、同じメーカーが販売しているものなので、洗顔ブラシと洗顔料との相性がいいという点と、もう一つは、一緒に購入することで少し安く手に入るという点です。

メーカーとしても洗顔料が気に入ってくれれば使い続けてくれますし、安くできるというワケですね。

では、ここからは実際にセット販売しているメーカーの洗顔ブラシをみていきましょう。

クリニーク ソニック システム 洗顔ブラシ

img_clinique_01

まずご紹介するのはクリニーク ソニック システム 洗顔ブラシです。

ブラシの色によって洗う部分を変える

クリニーク ソニック システムはブラシ部分がグリーンとホワイトの2色に分かれているのが特徴で、色によって顔の洗う部分を使い分けます。

グリーンの部分では額や鼻周りなどのTゾーン、白い部分は柔らかい素材でできているので頬などの敏感な部分に使用します。

30秒で自動停止

クリニーク ソニック システムは1回の使用に60秒が推奨されていますが、慣れないうちは30秒で使うようになっています。
そのため、洗いすぎを防ぐため、30秒で自動停止するように設計されているんです。
60秒使用するときは、一旦停止後、また電源ボタンを押すと30秒延長できますよ。

洗顔フォームについて

img_clinique_05

洗顔フォームは賛否ありますが、ちょっと硬めの泡で少量の泡でもモチモチ泡が作れるみたいです。
直接洗顔ブラシにつけてクシュクシュと泡立てることも可能ですが、洗顔ネットなどで泡立てることをおすすめします。

クリニークの洗顔ブラシの詳細はこちらの記事でも書いています。
クリニーク ソニック システム 洗顔ブラシのレビュー

洗顔料とセット販売しているショップはこちら
クリニーク ソニック システム 洗顔料セット ショップへ

Refa(レファ)洗顔ブラシ

img_refa_18

次にご紹介するのはRefa(レファ)洗顔ブラシです。

Refa(レファ)洗顔ブラシはMTGという美顔ローラーを始めとする美容家電、スキンケア用品などを販売しているメーカーです。

MTGの美顔ローラーは一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。

肌に優しい熊野筆ブラシ

img_refa_06

Refa(レファ)洗顔ブラシはブラシ部分に熊野筆を使用しています。
熊野筆というのは広島で生まれたブランドで、通常の書道筆以外に、メイクブラシなどにも展開しているとても有名なブランドです。

熊野筆は肌にとても優しい触り心地で、その熊野筆が使われたRefa(レファ)洗顔ブラシはとても肌に優しいんです!

その証拠に、MTGが行なったこんな実験があります。

手の甲に薄い試験紙を置いて、それを手洗顔とRefa(レファ)洗顔ブラシで洗い比べてみるというものです。
手洗顔では紙がすぐに破れてしまったのに対し、Refa(レファ)洗顔ブラシでは全く破れる気配がありませんでした。

これだけでとても肌に優しいことがわかりますよね(^^)

濃密微細泡で優しい洗い心地の洗顔料

img_refa_sengan

洗顔料もRefa(レファ)洗顔ブラシと同じく肌に優しい作りです。
0.1mm以下の濃密微細泡なので、とても肌へのあたりがよく、更に泡が細かいのでしっかりと毛穴の奥の汚れまでとってくれますよ(^^)

Refa(レファ)洗顔ブラシについてはこちらの記事でも紹介しています。
ReFa(リファ)洗顔ブラシの口コミ使用感

 
その他の洗顔ブラシはこちらで紹介しています。
↓↓↓↓↓
【洗顔ブラシ】おすすめランキング今年のおすすめはコレ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!