毛穴のことで悩みは持っていますか?
あるアンケート結果によると、20代〜30代の女性の肌の悩みで大きな割合を占めているのは、毛穴の悩みみたいです。
一言で毛穴の悩みといっても色々な種類がありますが、今回は「毛穴のつまり」の原因や対策をご紹介していきますね。

毛穴のつまりは肌質によっても対策が変わる

毛穴のつまりの悩みを抱えているのはオイリー肌や混合肌の人が多いと言われています。
あなたはどんな肌質でしょうか?

もしあなたが乾燥肌や敏感肌であれば、今回の記事以外の方法が良いかもしれません。
「敏感肌 毛穴」、「乾燥肌 毛穴」で検索しましょう。

でも、もしあなたがオイリー肌や混合肌ならば今回の記事が役立つと思います。
最後まで読んでみてくださいね(^^)

毛穴が詰まる原因

毛穴のつまりの原因って何だと思いますか?
知っている人も多いかもしれませんが、毛穴の詰まりの原因は角栓です。

では、角栓って何でできていると思いますか?
一番思い浮かびやすいのは毛穴から分泌される脂(皮脂)じゃないでしょうか?

でも実は角栓の成分はそれだけじゃないんです!

角栓は皮脂も含まれていますが、それは全体の3割くらい、残りの7割はタンパク質(古い角質など)なんです!

img_keana_02

角栓は落としにくい

皮脂だけなら比較的落としやすいのですが、古い角質と皮脂が混ざりあった角栓は、普通に洗顔をしていてもなかなか落ちないと言われています。

ですから、人によっては毛穴パックを使ったり、指で毛穴のつまりを押し出したり、ピンセットなどで抜き取ったりする場合もありますよね。

でも、ちょっと待って!

毛穴パックや指などで無理やり角栓を取り除くことは、肌にとって、すごく良くないことです!
肌にダメージを与えてしまったり、角栓が詰まって開いてしまった毛穴が戻らなくなってしまったり…

もし毛穴パックや指で頻繁に押し出している人は、今すぐやめましょう!

角栓は優しくきちんと落とすことが大事

でも角栓は放っておくと肌によくありません。
そのまま放置していると毛穴を広げてしまったり、酸化して肌トラブルの原因ともなってしまいます。

ですから、きちんと落としてあげることが大事です。

でも上でもお伝えしたように、角栓は通常の洗顔では落ちにくいのがネックなんですよね…

毛穴のつまりを優しくしっかり落とすには洗顔ブラシがおすすめ

img_areti_04

手洗いではなかなか落ちない、でも無理やりとってしまうと肌へ悪影響の「角栓」。
優しく、しかもしっかり落とすには洗顔ブラシがおすすめです。

汚れ落ち

洗顔ブラシで汚れがしっかり落ちることは各社が行なっている実験結果をみるとわかりやすいです。
例えば実験結果を公表しているPanasonicやフィリップスの洗顔ブラシの実験結果を見ると、
洗顔ブラシは、なんと手洗顔の10倍の汚れ落ち効果があるとされています。

10倍ってすごいですよね!
この洗浄力のおかげで、毛穴につまった角栓もしっかり落としてくれるというわけですね。

肌への優しさ

洗浄力だけではなく、毛穴パックなどを行うよりも肌へのダメージが少ないのも特徴です。
洗顔ブラシはゴシゴシこすって汚れを落とすイメージを持っている人も多いですが、実は洗顔ブラシはとても柔らかな素材で作られています。
ですから、ゴシゴシ落とすというより、優しく毛穴の角栓を浮き上がらせるイメージのほうがしっくりきますね。

使い方には注意が必要

ただし、使い方を間違えるとダメージ激増してしまいます。
使い方は、洗顔ネットなどで泡立てたモチモチ泡を挟むようにして、優しく肌の表面を撫でていくイメージ。
ギュッと押し当てたり、泡が少ない状態で行うと肌へ負担をかけてしまいます。
そこをしっかり守って優しくしっかり毛穴のつまりを解消してあげましょうね。

自動洗顔ブラシを使用するときの注意点
洗顔ブラシを使った肌を痛めないおすすめ洗顔方法
洗顔ブラシって痛くないの?肌へのダメージが少ない理由

最後に

洗顔ブラシでしっかり毛穴のつまりを落とした後は、きちんと保湿を忘れないようにしましょう。
汚れをしっかりと落とした肌は、いつもより沢山化粧水などを吸収してくれるはずです。

ちなみに洗顔ブラシの選び方やおすすめの洗顔ブラシはこちらでご紹介しています。
参考にしてみてくださいね(^^)

洗顔ブラシおすすめランキング今年のおすすめはコレ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!