洗顔ブラシって低価格なものから値段が高いものまで色々ありますよね。

価格=製品の性能ではないので、低価格なものが全面的に良くないというワケではないのですが、あまりにも安すぎる「格安洗顔ブラシ」は私はあまりおすすめしていません。

今回は格安の洗顔ブラシによくありがちな、低価格の理由をいくつかご紹介していきます。

もし検討している格安洗顔ブラシに、ご紹介する項目が当てはまるようであれば、もう一度検討したほうがいいかもしれません!

格安洗顔ブラシは回転式が多い

洗顔ブラシは1秒間に何万回という手では出せないような細かい振動で汚れを浮かせてくれる「超音波式」と、ブラシがクルクルと回転する「回転式」の2タイプに分かれます。

この2種類を比べた時、回転式のほうが値段を抑えられる傾向があるため、格安の洗顔ブラシは大抵、回転式のものが多いです。

回転式が悪いというワケではないのですが、音波式に比べて人の手の力に依存するので、使い方によっては肌を傷つけてしまうことがあるんです。

また、通常肌の人は問題なくても、敏感肌の人には刺激が強くなってしまうこともあります。

ブラシが硬いとさらに危険

さらに、回転式+ブラシが硬いものだと、敏感肌の人にとっては最悪です!
ただでさえ刺激の調整が難しい回転式に、ブラシも硬いとなると、確実に肌を傷つけてしまいます。

もちろん格安の洗顔ブラシの中にも、ブラシが柔らかいものはありますが、実際に触ってみないと硬いか柔らかいかなんて分かりませんよね(^^;

もしインターネットなどで格安の洗顔ブラシを検討している人は、とても危険なので再度検討しましょう!

格安洗顔ブラシは速度切替がないものも

洗顔ブラシは、肌質に合わせて調整ができるように、ブラシの回転スピードを切り替えできるものが殆どです。

でも格安洗顔ブラシの中には速度調整できないものもあります・・・

回転スピードが自分の肌質に合っている場合は問題ありませんが、「ちょっと強いかな」という場合は、とても危険です。

こんな人は格安洗顔ブラシは絶対ダメ!

特にこんな肌質の人は、絶対に今回紹介したことに該当する「格安洗顔ブラシ」を選ばないで!

1.敏感肌
2.極度な乾燥肌
3.肌に赤みがある人
4.ニキビがすでに出来ている人

1〜3は何となく使わないほうがいいかな?と分かるかもしれませんが、4番の人は要注意!
特に10代でニキビに悩んでいる人は、「肌をキレイにしてニキビを治したい!」「でもお金がない・・・」という考えから、格安の洗顔ブラシを選んでしまいがち。

絶対にやめましょう!!

誤解が無いように補足

今回は格安の洗顔ブラシが危険とお伝えしましたが、決して全ての格安洗顔ブラシが悪いというワケではありません。

洗顔ブラシを「格安だから」という理由だけで選ぶのは危険ということがお伝えしたかったのです。

もし値段が安い洗顔ブラシを検討する際は、今回ご紹介したものと照らし合わせて、本当にこの洗顔ブラシでいいのか?と一度振り返ってみましょう!

ちなみに、低価格の洗顔ブラシの中ではこの2つの洗顔ブラシがおすすめです!
アレティ クラリティウォッシュ
貝印 洗顔ブラシ

そして、私が総合的におすすめする洗顔ブラシはこちらで紹介していますよ(^^)
【完璧メイクもしっかりOFF!】おすすめ洗顔ブラシランキング

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!