洗顔ブラシに使用する洗顔料は市販のものでいいの?それともメーカー指定のものがあれば使うべき?
そんな疑問をお持ちの方がいるみたいですが、結論からいえば市販の洗顔料を使ってもらって全く構いません。
洗顔料にはチューブ型のもの(クレンジングジェル、クレンジングミルク、クレンジングフォーム、クレンジングオイルなど)や固形石鹸型のものがあると思いますが、通常はどちらを使っても大丈夫です。

ただし、洗顔ブラシによってはブラシ部分に洗顔料を流し込んで、洗顔時に本体の中で自動で泡立ててくれるものが存在します。
そういったタイプの洗顔ブラシに関しては固形石鹸タイプは対応していないので、注意が必要です。
ちなみに本体内に洗顔料をいれるタイプの洗顔ブラシはPanasonicさんから発売されていますよ。

ブラシと洗顔料を一緒に取り扱っている場合は?

メーカーによっては洗顔ブラシと一緒に洗顔料も取り扱っているメーカーもいます。
そういうメーカーに関しては洗顔ブラシとセット購入を進めている場合がありますが、そういった場合でも洗顔料だけ自分のお気に入りの洗顔料でブラシだけ導入することも可能です。
余談ですが、洗顔ブラシと洗顔料セットの場合は金額的に安くなることもあるので、お値段に惹かれて… という場合はセット購入はお得だと思いますよ(^^)

逆に洗顔料がメインで、ブラシをセットで販売しているメーカーさんもいますよね。
例えばニキビ用の洗顔料で有名なプロアクティブさんがそうです。
こちらも洗顔料だけプロアクティブさんのものを使用して、洗顔ブラシだけ別メーカーのものにしても問題ありません。

洗顔料は少なめにできる

洗顔ブラシには2種類のものが存在します。
1つは洗顔ネットなどで洗顔料を泡立て、顔に泡を乗せてから使用するもの。
もう1つは手のひらに洗顔料を置いて、直接洗顔ブラシで洗顔料を泡立てるタイプのものです。

後者の洗顔ブラシの場合、手で泡立てるのに比べるとすごく泡立ちが良いです。
洗顔ブラシによってはホイップクリームのようなフワフワモチモチの泡ができることも。
このタイプの洗顔ブラシであれば通常よりも、使用する洗顔料の量を減らして使用しても十分に泡立ちます。
洗顔料を減らすことによって洗顔料が減るスピードが遅くなるだけでなく、皮脂などを落とし過ぎないため肌にもいいです。
また、すすぐ時も泡切れがよくなり、肌に洗顔料が残るのを防ぐことが出来ますよ(^^)

注意点

冒頭で、どの洗顔料や固形石鹸を使ってもいいとお伝えしましたが、使うと肌に良くない、洗顔ブラシと相性の良くない洗顔料が存在します。
それはスクラブ洗顔料です。
スクラブ洗顔料は通常の洗顔に比べて汚れや皮脂がしっかり落とせると言われています。
そのため汚れをしっかり落とせる洗顔ブラシと一緒に使ってしまうと、汚れを落とす力が強すぎて、逆に肌にダメージを与えてしまうんです。
また、スクラブ洗顔料はつぶつぶの細かい粒子が含まれているため、洗顔ブラシの回転や振動と合わさることで肌の表面にもダメージを与えてしまう危険性があるんです。
洗顔ブラシを使用するときはスクラブ洗顔料を避けて通常の洗顔料を使いましょう。

まとめ

・洗顔ブラシに使用する洗顔料はチューブ型でも固形石鹸でも大丈夫!
・洗顔料と洗顔ブラシをセット販売している場合でも別の洗顔ブラシを使用してOK!
・洗顔ブラシで泡立ても出来るのであれば、洗顔料は少なめがおすすめ!
・スクラブ洗顔料は肌にダメージがあるため洗顔ブラシと併用しない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!