今回は自動クレンジング洗顔ブラシを使って洗顔するときに注意する点をいくつかご紹介します。
自動クレンジング洗顔ブラシを購入済みの方も、これから購入を考えている人も参考にしてくださいね。

力を入れずゆっくり洗う

自動クレンジング洗顔ブラシのブラシ部分は、肌を傷つけないように筆のように柔らかい素材でできているものがほとんどです。
使用する前は、自動なので汚れをゴシゴシこすり落とすようなイメージを持っている方も多いですが、実際は手で洗うよりもソフトな洗い心地です。
そのため、物足りなく感じブラシをギュッと肌に押し付けてしまったり、手でゴシゴシ上下左右に動かしたいと思ってしまうかもしれません。
でもクレンジング洗顔ブラシはもの足りないくらいの力で洗うのがちょうどいいんです。
物足りないと思っていても、ちゃんと毛穴の奥の汚れまで届いていますよ(^^)

逆に強く当ててしまうと洗顔後にヒリヒリしたり、肌荒れの原因になってしまうことも…
力を入れずにゆっくり肌に当てるイメージで使用しましょう。

1度の使用は1分くらいにする

使っている人は分かるかもしれませんが、クレンジング洗顔ブラシは顔に当てるととても気持ちいいです。
つまり、汚れを落とすだけでなく、マッサージ効果も期待できます。
そのため、その気持ちよさのせいか、ついつい長時間顔に当ててしまうことも…

でも長時間使用すると肌がヒリヒリしてしまう原因になります。

そうならないために使用時間の目安として、おでこ、小鼻や頬、アゴ周りと3箇所に分けて、各ゾーン使用する時間を20秒くらいづつにしましょう。
つまり洗い始めて合計1分くらいで終わらせるようにすると肌に負担がかからず汚れをしっかり落とせますよ。
1分くらいなら通常の洗顔と変わらないですし、洗顔に時間がかかっちゃう!という心配もないですね(^^)

ブラシ部分は清潔に

自動クレンジング洗顔ブラシは洗顔後に濡れたまま放置したり、洗顔フォームや皮脂などが残ったまま放置していると、雑菌が繁殖する原因になります。
直接顔に当たる部分なので、雑菌が発生してしまうと洗うたびに顔に雑菌をこびりつけてしまうことに…
使用後は汚れを十分に洗い流して、風通しの良い湿気の少ない場所で保管しましょう。

例えばお風呂に置いたままにしておくと湿気が多いので、タオルなどで簡単に水分を拭きとって、洗面台などに吊り下げて保管しておくのがおすすめです。
また、クレンジング洗顔ブラシによっては替えのブラシが販売されているものもあるので、あまりに汚れがある場合は取り替えを考えてもいいかもしれませんね。

使用頻度は1週間に1〜2回

クレンジング洗顔ブラシを使用すると、洗顔前に比べて肌がワントーン明るくなるのを実感できると思います。
肌はターンオーバーによって日々古い肌から新しい肌に生まれ変わっています。
その際に表面に古い角質が残るのですが、その古い角質をクレンジング洗顔ブラシで落とすことによって肌がワントーン明るく見えるんですね。
ただし、肌が明るくなるからといって毎日クレンジング洗顔ブラシを使っていると、肌のターンオーバーの速度が早まってしまいます。
早まってしまうと乾燥肌・敏感肌・肌荒れ・ニキビなどの原因になってしまうので、クレンジング洗顔ブラシの使用頻度は1週間に1〜2回がベストです。
使い始めは肌も刺激に慣れていないので、週1回くらいにしておくのがおすすめです。

敏感肌の人は使用しない

敏感肌の人にとってはクレンジング洗顔ブラシは少し刺激が強いかもしれません。
使用すると肌の状態によってはピリピリしてしまうことも…
ピリピリしてしまう場合は使用頻度を控えたり、敏感肌の人は元々クレンジング洗顔ブラシを使わないほうがいいかもしれません^^;

最後に

肌の汚れをしっかり落としてくれ、いいこと尽くめなクレンジング洗顔ブラシですが、使い方によっては肌にダメージを与えてしまうこともあるんですね…
今回お伝えした注意点をしっかり守って、安全で快適なクレンジング洗顔ブラシライフを送りましょう♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもか_洗顔ブラシをフォローしよう!